公式ブログ

修善寺 頼家祭

修善寺頼家祭
修禅寺に幽閉されていた “鎌倉二代将軍 源頼家公”と
頼家の家臣“十三士”の冥福を祈る祭典です。

20180619-050_r.jpg


 開催日:平成30年7月16日(月・海の日)
 場 所:修禅寺→十三士の墓→頼家の墓
     →桂遊通り→桂橋(結ばれ橋)→修禅寺

20180619-133_r.jpg

頼家公・十三士に扮した一行は修禅寺を出発し、
指月殿の並びにある墓前に向かいます。

20180619-118_r.jpg

墓前供養は一般の方もご焼香に参加できます。

20180619-143_r.jpg

お参りを終えた一行は修善寺温泉街を行列します。

20180619-148_r.jpg

“若狭の局”役は“頼家公”の霊を慰めるため、
比企一族ゆかりの埼玉県東松山市より
特別参加いただきます。

20180619-163_r.jpg



     

赤蛙公園『ほたるの夕べ』

初夏の風物詩
  赤蛙公園『ほたるの夕べ』
 修善寺の静かな夜の心和むほたるの舞

20180420-__________r.jpg

期間:平成30年5月25日(金)~6月10日(日)
場所:修善寺温泉 赤蛙公園 (修禅寺より徒歩5分)
時間:20時ごろが見頃といわれています

20180420-dsc00278_new_r.jpg

夜のお散歩ついでに竹林の小径を歩いてみてはいかがですか?

20180420-dsc00292_new_r.jpg

日が暮れて、あたりが暗くなる頃に竹林に
あかりが灯ります、桂川のせせらぎとともに
静かな夜のお散歩をお楽しみください。

20180420-20150520_053236_r.jpg

赤蛙公園からの風の径を、朝お散歩すると
若葉の上で休憩しているホタルをみつけられますよ。


春季弘法忌

春季弘法忌 “湯汲み式”
修善寺温泉は今から1200年前、弘法大師によって
発見されました。
“湯汲み式”は温泉発見者である大師に感謝し、
霊を慰めるために命日となる4月21日に開催される
修善寺温泉の伝統行事です。

20180406-065_r.jpg
『湯汲み式』
開催日時 :平成30年4月21日
         13時30分修禅寺出発
       独鈷の湯にて温泉をい汲み受け温泉街を行列します
      鮎の放流13時40分頃
       旅館の料理食材として好評の鮎。修善寺調理師会が
       多数の鮎の遡上を願い、桂川のい放流します。
大 祈 祷:15時

20180406-029_r.jpg

湯汲み娘とともにお稚児さんも仏様のおつかいとして
行列に参加します。

20180406-047_r.jpg

修禅寺を出発した一行は温泉街をぐるりとまわり
竹林をぬけたところで、奥ノ院から下ってこられた
お大師様と合流します。

20180406-056_r.jpg

20180406-084_r.jpg

20180406-093_r.jpg

地元の皆さんはこのお祭りを「春のお弘法さん」と呼び、
春の恒例行事として毎年楽しみにしているお祭りの一つです。

20180406-098_r.jpg

修禅寺にもどった一行は本堂に入り
大祈祷が始まります

20180406-167_r.jpg
      
皆様の厄難消除、諸願満足を祈ります。


前日の4月20日の夜には前夜祭として
万灯会が開催されます。

20180406-039_r.jpg

修善寺とっこ公園よりろうそくを受け取り
修禅寺本堂まで行列します。参加自由

20180406-072_r.jpg
『万灯会』
開催日時:平成30年4月20日
      19時30分行列出発
集合場所:とっこ公園
参  加:自由参加

皆様のお越しを心よりお待ちしております。


20180406-079_r.jpg

修禅寺奥ノ院『護摩祈祷』

護摩祈祷とは・・・。
空海(弘法大師)により伝えられた
修法の一つです。
お不動様の前で、煩悩の象徴である護摩木を
様々な供養物と共に炊き上げて、厄や災いを
払い願望を清め、大願成就を願います。

20180308-dsc00463_new_r.jpg

【開催日時】 2018年 3月31日(土)11時~
           9月30日(日)11時~
          12月22日(土)13時~ 

【参加費】 無料 参加自由
      護摩木(300円)は旅館組合加盟旅館・
      旅館組合にて販売

【場 所】 修禅寺奥ノ院 護摩堂
        〒410-2416伊豆市修善寺2940-1
         修禅寺から約5km 車で15分
         (路線バスはありません)

20180308-img_2501_r.jpg

【お問合せ】 修善寺温泉旅館協同組合
        TEL:(0558)72-0271
        FAX:(0558)72-7700
        mail: ryokan@shuzenji.info

20180308-img_8507_new_r.jpg

曹洞宗でありながら、真言密教の護摩祈祷を行うというのは全国的にも珍しいことです。
チェックアウトの後にぜひお立ち寄り下さい。

20180308-img_7338_r.jpg

当日お越しいただけないお客様も
お宿で護摩木をお買い求めいただけます。
ご記入済みの護摩木はお宿で大切に保管し、
当日、お炊き上げをいたします。

20180308-img_6752_r.jpg

太鼓の音とお経が護摩堂に響き、
燃え上がる炎を見ているだけで
心が洗われる思いがします。

20180308-img_1817_r.jpg

この奥ノ院はその昔、空海(弘法大師)が
修行の妨げになったため、大般若の経文を書き
“駆籠の窟”にお封じこめたという伝説が残っています。
窟に落ちる滝“阿吽の滝”を眺めていると
不思議と心が落ち着いてきます。

20180308-img_2505_r.jpg


修善寺温泉 冬のイベント情報

梅と富士

修善寺温泉では2月上旬から3月上旬にかけて、
毎年恒例の以下の春イベントが開催されます。

修善寺梅林 チラシ
修善寺梅林 梅まつり

(修善寺梅林 梅まつり)
[日時] 2018年2月10日(金)~3月4日(日)
[場所] 修善寺梅林

富士の見える丘に咲く修善寺梅林は、
広さ3ヘクタールにわたり樹齢100年を超える老木から
若木を合わせ約20種、1000本の紅白梅が花を咲かせます。

▼修善寺梅林 梅まつり詳細はこちら

修善寺おかみのもちより雛チラシ
女将のもちより雛

(修善寺女将のもちより雛と修禅寺庭園特別観賞)
[日時] 2018年2月17日(土)~3月11日(日)
[場所] 修禅寺境内東側書院



女将のもちより雛

河津桜や修善寺寒桜などの日本で
一番早く咲く桜や梅と共に春を告げるイベントです。

毎年多くのお客様に、修禅寺参拝と共にお楽しみ頂いております。
女将の点てる抹茶もこの期間だけの特別なものです。

▼修善寺おかみのもちより雛詳細はこちら

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 || Next»

ページトップへ