<!--2-->新着情報

修禅寺 奥ノ院 護摩祈祷

護摩祈祷とは・・・。
弘法大師により伝えられた真言密秘伝の
修法の一つです。
お不動様の前で、煩悩の象徴である護摩木を
様々な供養物と共に炊き上げて、厄や災いを
払い願望を清め、大願成就を願います。

20160913-____________________________r.jpg

【開催日時】 2016年10月 1日(土)17時~
             12月21日(水)13時~
        2017年 3月 5日(日)11時~
              6月 4日(日)11時~
             10月 1日(日)11時~
             12月22日(金)13時~
【参加費】 無料 参加自由
       護摩木(300円)は旅館組合加盟旅館・
       旅館組合にて販売。

【場 所】 修禅寺 奥の院 護摩堂
       〒410-2416伊豆市修善寺2940-1
         修善寺駅から20分
         修禅寺から約5km 車で15分

【お問合せ】 修善寺温泉旅館協同組合
           TEL:(0558)72-0271
           FAX:(0558)72-7700
           mail:ryokan@shuzenji.info


20160913-img_1763_r.jpg

昨年12月に建設された護摩堂で
住職のお経と太鼓の音が響く中、護摩木を
くべていく様子は見ているだけでも
不思議なパワーを感じます。

20160913-img_6750_r.jpg

曹洞宗でありながら、真言密教の護摩祈祷を
行うというのは全国的にも珍しく、この機会に
体験してみてはいかがでしょうか。

20160913-img_7339_r.jpg

当日参加できないお客様でも、護摩木に願い事を
書いていただければ、各お宿で大切に保管し、
開催日にお持ちし、お炊き上げをいたします。

20160913-img_0744_r.jpg

この奥の院はその昔、弘法大師が修行の為に
訪れたところ魔物が多く、修行の妨げになった為、
大般若の経文を書き“駆籠の窟”に封じ込めたという
伝説も残っています。
窟にかかる滝 “阿吽の滝”でマイナスイオンを
浴びれば旅の疲れも癒す事ができるでしょう。

修善寺桂流こしひかりのご案内

修善寺桂流こしひかりのご案内

~食は命、命は食にあり~

この”桂流コシヒカリ”は修善寺温泉地区が取り組んでいる
地域づくり活動により生まれたお米です。

温泉街上流部には古き良き農村景観が残されており、
その景観を維持することが修善寺温泉全体の地域づくりに必要との
認識から当宿では、景観の主体となる水田の維持保全を図るため
積極的に”桂流コシヒカリ”をお客様にご提供いたします。

また、生産者側でも「食は命、命は食にあり」をテーマに
安全で安心なお米を提供すべく、特別栽培米基準に
合致した米づくりを進めています。

このような活動を進めることにより、
地域全体に好循環が生まれると考え、
私達はこの取り組みをさらに進め、農村景観と一体となった
特色ある修善寺温泉をつくりあげていきます。

▼新米+わさびキャンペーン詳細はこちら
http://www.shuzenji.info/blog/item_149.html

新米+わさびキャンペーン

新米+わさびキャンペーン

キャンペーン期間:平成28年9月10日~11月30日

たわわに実った特別栽培米“修善寺桂流コシヒカリ”

20160826-img_7200_r.jpg

今年も見事に黄金色に色づきました。

20160826-img_7207_r.jpg

炊き立ての新米に伊豆市のわさびを
すりおろした“わさび飯”をご賞味下さい。

20160826-img_6047_r.jpg

天城山系をはじめとする山々に囲まれた伊豆市は
豊かな自然と豊かな水いより全国トップクラスの
わさびの産地です。

20160826-img_6891_r.jpg

かつて、地元の農家では田畑での作業時に
おにぎりをもっていき、清流沿いの石で
わさびをすりおろし、おにぎりをたべていたそうです。

新鮮なわさびならではの甘みと辛みが味わえる
この食べ方は現在もわさび農家の家庭で受け継がれています。

わさび飯をお楽しみいただけるお宿は・・・
・ラフォーレ修善寺
・桂 川
・あさば
・宙SORA渡月荘金龍
・柳生の庄
・瑞の里〇久旅館
・新井旅館
・対山荘
・花小道
・金福荘
・五葉館
・河鹿荘
・鬼の栖

わさびの旬は秋といわれています。
是非この機会にご賞味下さい。

20160826-nakaizu_win_065_r.jpg

秋季弘法大師大祭“花火大会”

20160730-img_4604_r.jpg

【日時】 平成28年8月21日(日)
       (花火打ち上げ20時10分スタート)
【場所】 修善寺温泉街

20160730-img_4475_r.jpg

地元の人たちは、“夏のお弘法さん”とよび、
昔から毎年楽しみにしているお祭りの一つです。

20160730-img_4475_r.jpg

修禅寺境内や門前には露天が並び
大勢の人でにぎわいます。

20160730-img_4469_r.jpg

桂川に流れおちていく約70mのナイアガラの滝は必見です!

20160730-cimg0227_r.jpg

修善寺 頼家まつり

修善寺に幽閉された
「鎌倉二代将軍 源頼家公」と
頼家の家臣「十三士」の
冥福を祈るさいてんです。

20160702-20160702103144_00001_r.jpg

■ 開催日:7月18日(月) 海の日
      11:00~12:00 (小雨決行)
■ 場 所:修禅寺→十三士の墓(墓前供養)→
  頼家の墓(墓前供養)→桂遊通り→桂橋→
  修禅寺

20160702-img_3757_r.jpg

源頼家公とその妻 若狭の局、息子の一幡が
頼家公の家臣十三士とともに温泉街で
武者行列と墓前供養を行います。

20160702-img_3776_r.jpg

若狭の局役は頼家公の霊を慰める為に
比企一族ゆかりの埼玉県東松山市より
特別参加いただきます。

20160702-img_3790_r.jpg

例年この頃 梅雨が明け、頼家まつり
とともに修善寺温泉は夏本番を迎えます。

20160702-img_3817_r.jpg
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 || Next»

ページトップへ