<!--2-->新着情報

第1回『だるまっ子市』開催します

20190607-20190607142803_00001_r.jpg

『だるまっ子市』
日 時:令和元年6月16日
9時~16時
場 所:とっこ公園
駐車場:近隣の有料駐車場をご利用下さい。

記念すべき第1回目の開催です。
宿泊のお客様はもちろん、地元の皆さんも
大勢集まるイベントになることでしょう…

20190607-__________r.jpg

修善寺温泉 灯りめぐり

日が暮れて、あたりがが薄暗くなると
修善寺温泉の街は昼間とは違う
雰囲気につつまれます。

優しいあかりがあちらこちらに灯ります。

20190528-img_7065_r.jpg

昼間は賑わいを見せる
修禅寺は山門が閉まり夜の修禅寺を
2体の仁王様が静かにお守りします。

20190528-img_7064_r.jpg

修禅寺の対岸、とっこの湯公園のベンチに腰掛け
桂川のせせらぎのを聴きながらのんびりと
時間を過ごすのも気持ちがいいです。

20190528-img_7061_r.jpg

公園内には昨年新設された
『杉の湯』(足湯)にもあかりが灯ります。

20190528-img_7058_r.jpg

竹林の小径に向かう遊歩道の入口には
とっこの湯と河原湯(足湯)があかりに
包まれます。

20190528-img_7072_r.jpg

20190528-img_7073_r.jpg

桂川沿いを進むと川のせせらぎは
もちろん、この季節ならではの
河鹿の涼やかな鳴き声もお楽しみいただけます。
桂橋(別名:結ばれ橋)であしを止め、耳を澄まして
みて下さい。

20190528-img_7076_r.jpg

竹林の小径に設けた円台に寝ころべば
真っすぐに伸びた竹のさきには星空が広がります。

20190528-img_7087_r.jpg

また、20時~22時限定で
地元切り絵作家の水口ちはるさんの作品を
円台に照らし出しています。

20190528-img_7113_r.jpg

草むらからのあかりの中には
妖精が住んでいそうです…。

20190528-img_7102_r.jpg

20190528-img_7103_r.jpg

楓橋(別名:寄り添い橋)から100メートルほどで滝下橋(別名:安らぎ橋)のたもとにでます。

20190528-img_7120_r.jpg

滝下橋たもとの赤蛙公園は
『ほたるの夕べ』と題しほたる鑑賞を楽しんでいただけます。
※ほたるはとてもデリケートです。
 フラッシュ撮影はご遠慮下さい。

お夕食を終えたら、夕涼みがてら
夜の修善寺温泉街にのんびり
お散歩に出かかけてみてはいかがですか…。

20190528-img_7133_r.jpg







修善寺温泉の夜をお散歩

街全体が春めいてまいりました。
日が暮れると肌寒い日もありますが、
のんびり夜のお散歩に出かけてみませんか?

20190318-dsc00278_new_r.jpg

竹林の小径ライトアップ
日時:通年
   日暮~23時

20190318-img_1686_r.jpg

竹林の小径にある円形ベンチには
時間限定で影絵のライトアップがお楽しみいただけます。
時間:20時~22時

20190318-img_9775_r.jpg

今年から“風の径”までライトアップをすすめる予定です。
夜桜を眺めながら のんびりお散歩してみませんか?

女将のもちより雛と修禅寺庭園特別観賞

20190208-img_3094_r.jpg

期 間:平成31年2月16日(土)~3月10日(日)
時 間:9時30分~16時30分(入場16時まで)
会 場:修禅寺 書院
入場料:200円

20190208-_dsc9086_r.jpg

明治時代からお雛様を修禅寺本堂東側の
書院に飾り公開します。

20190208-img_3105_r.jpg

時代によって流行りもあり、お顔やお召し物の違いも
楽しむことができます。

20190208-101_r.jpg

昨今では珍しい御殿飾りや、
地元のお母さんたちが一針一針心を込めて
丁寧に縫い上げた吊るし雛も見どころの一つです。

20190208-img_2137_r.jpg

修善寺温泉の女将が点てるお抹茶もお楽しみいただけます。

20190208-_dsc9305_r.jpg

抹茶営業時間:10時30分~15時
料金    :一服300円(菓子付)

20190208-img_3114_r.jpg

普段公開されていない修禅寺東海第一園も書院から
ご覧いただけます。

20190208-dsc01752_r.jpg

昨年春に修禅寺の石蔵より発見された
棚田暁山(たなだぎょうざん=1878~1959年)が
描いた『六曲一双屏風絵』を襖に表装し、お雛様と
一緒に見学することができます。



修禅寺“節分会”

平成31年2月3日は修禅寺にて
新春の福を呼び込む恒例行事
“節分会”が開催されます。

20190117-img_2970_r.jpg

本堂では年男・年女の皆さんが
裃を身にまとい、鬼打ちの祈祷をうけます。

20190117-img_2967_r.jpg

13時30分頃には住職が先頭に立ち
豆まきがはじまります。

20190117-img_2982_r.jpg

境内には大勢人が集まり、福豆や紅白のお餅など
四方八方に飛び交います。

20190117-img_2991_r.jpg

参加は自由です。
旅の思い出にお立ち寄り下さい…。



«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 16 | 17 | 18 || Next»

ページトップへ