<!--2-->新着情報

「キャンドルナイトdeボランツーリズム」のご案内

キャンドルナイト

修善寺温泉の夏の風物詩キャンドルナイト
1日1000本のキャンドルが修禅寺境内に並びます。
昼間とは違う幻想的な世界を一緒に作りませんか?

▼イベント詳細について
https://www.facebook.com/events/1448614072107331/

【日時】
8/16~8/31 19:30~20:00・21;00~21:30
※雨天・強風時は中止となります。
※8/21は除く
※16,17,18日はおかげさまで一杯になりました。

【会場】
修禅寺

【集合場所】
修禅寺 前

【募集人数】
1日5名※下記のリンクよりお申し込みください。

【特典】
修善寺温泉の旅館にご入浴できます
入浴可能施設

【内容】
19:00~19:30 キャンドルの設置

21:00~21:30 キャンドルの撤収
※どちらか、両方でも可

作業しやすい服装
着替え・タオル持参(温泉に入浴するため)

キャンドルナイト

▼修禅寺温泉キャンドルナイト詳細はこちら
http://www.shuzenji.info/blog/item_103.html

こちらのイベントでお手伝いしていただける方は
下記募集ページよりお申し込みくださいませ。

▼ボランティア募集ページ
http://form1.fc2.com/form/?id=777d8123096bb315

祝!韮山反射炉 世界遺産登録決定!!

20150706-img_3649_r.jpg

平成27年日本時間22時37分ごろに韮山反射炉が
世界遺産登録決定となりました!!

修善寺温泉から車で20~30分程度のところに位置しています。
電車移動も20分ほど長岡駅からシャトルバスも運行しています。

東京方面のお客様は踊子号をご利用されてはいかがですか?

20150706-___________________r.jpg
20150706-dsc00200_r.jpg
20150706-20150706112435_00001_r.jpg

修善寺からはもう一つの世界遺産を見る事もできますよ!!

20150706-2013momijihayasi_hujisan_r.jpg

世界のお宝を2か所を巡り、修善寺温泉のお宿でのんびり!
タクシーをご利用でこんなプランもございます↓

20150706-20150706112505_00001_r.jpg

韮山反射炉とは・・・。
江戸時代の終わりごろ、外国から日本を守るために
江川太郎左衛門が幕府の命を受け、
鉄を溶かして大砲を作る炉を造りました。

炉の内部天井に熱を反射させて
高い温度を作り出し、鉄を溶かしたことから
この名前がついたそうです。

また、当時の日本としては、最先端の技術を持った
最新鋭の工場だったようです。

韮山反射炉は、実際に鉄を溶かした反射炉としては、
日本で唯一ここにしか残っていないとても貴重なもの
だそうです。


トリップアドバイザーエクセレンス認証2015を受賞しました!

瑞の里〇久旅館がtripadvisorでエクセレンス認証2015を受賞しました!

この度、世界最大級の旅行サイトtripadvisor(トリップアドバイザー)にて
当組合加盟宿泊施設である、あさば、瑞の里〇久旅館、
観光施設からは、修善寺虹の郷、竹林の小径が
「ertificate of Excellence (エクセレンス認証) 2015」を
受賞いたしましたのでご案内いたします。

ertificate of Excellence (エクセレンス認証)とは?

トリップアドバイザーは、世界最大級の旅行サイトで
数億人もの旅行者からの生の声や、旅に関するさまざま情報を掲載している
宿泊予約サイトです。

トリップアドバイザーの Certificate of Excellence (エクセレンス認証) は、
トリップアドバイザーの口コミで旅行者から一貫して
高い評価を得ている施設に与えられ、旅行者に最高の旅行を
提供した宿泊施設、観光名所、およびレストランに授与されるものです。





▼瑞の里 〇久旅館 詳細はこちら
http://www.shuzenji.info/ryokan/marukyu.html

20150623-20150623-01.jpg
▼あさば 詳細はこちら
http://www.shuzenji.info/ryokan/asaba.html

修善寺 頼家祭り

修善寺温泉で暗殺された、鎌倉二代将軍
『源頼家』とその家臣『十三士』の霊を慰める
イベントです。

◆日 時:平成27年7月20日(月曜日 海の日)

◆場 所:修禅寺→十三士の墓→源頼家の墓→
       桂遊通り→桂橋→修禅寺

20150604-009_r.jpg

源頼家は正治元年(1199年)に父 頼朝の亡き後
家督を継ぎ鎌倉二代将軍となったが北条氏の策略により
わずか5年で軍職を奪われ修禅寺に幽閉されました。

翌年の元久元年(1204年)7月18日に鎌倉からの刺客の
為、23歳の若さで一生を終える事となります。

20150604-040_r.jpg

『頼家公』とその妻『若狭の局』。息子の『一幡』が
頼家公の家臣『十三士』とともに温泉街で仮装行列と
墓前供養を行います。

20150604-dsc02310_r.jpg

修禅寺のご住職を先頭に職方の皆さん、護寺会の皆さんなど
たくさんの方が行列に参加します。

一般のお客様もご焼香いただけますので
どうぞお手をお合わせ下さい。

又、若狭の局役は頼家公の霊を慰めるべく、比企一族ゆかりの
埼玉県東松山より特別参加していただきます。

20150604-dsc02306_r.jpg

この時期、ちょうど修禅寺の境内にある蓮の花が
見事に開く事でしょう。

『修善寺桂流コシヒカリ』いよいよ田植え

今年も特別栽培米『修善寺桂流コシヒカリ』
安心で安全なお米をご提供するために田植えが
始まりました。

20150502-img_2537_r.jpg

大切に育てた桂流コシヒカリの苗

20150502-img_2526_r.jpg

ハウス一面若草色に染まった苗がいよいよ
広々とした田んぼに引っ越しです。

20150502-img_2545_r.jpg

この日は、お宿の旦那さんたちも田植えのお手伝い・・・。
苗床を丁寧に田植え機に移します。

20150502-img_2565_r.jpg

青空の下、爽やかな風に包まれて今日は田植え日和!!

20150502-img_2576_r.jpg

♪ケロケロ♪とカエルの応援もきこえてきましたヨ!

20150502-img_2602_r.jpg

この水田一面が新緑に染まり秋には黄金に色づきます。

20150502-img_2608_r.jpg

農家の皆さん、旦那さんお疲れ様でした。
秋の稲刈りが今から楽しみです。

20150502-img_2609_r.jpg

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 7 | 8 | 9 |...| 12 | 13 | 14 || Next»

ページトップへ