<!--2-->新着情報

平成27年修善寺梅林“梅まつり”開催します

期 間:平成27年2月1日(日)~3月10日(火)
会 場:修善寺梅林
駐車場:普通車300円/マイクロバス600円/大型バス800円

20150129-img_1916_r.jpg

修善寺梅林は、広さ3㌶に渡り樹齢100年を
超える老木から若木を合わせ約20種、
1,000本の紅白梅が花を咲かせます。

20150129-2013_3_4________________009_r.jpg

見頃を迎えるころには、お山全体が梅の香に包まれます。

20150129-img_2064_r.jpg

梅まつり期間中は地場産品等の露店と売店の営業もございます。

20150129-2013_3_3________________001_r.jpg

お天気によっては鮎の塩焼きなど味わう事もできます。(有料)

20150129-2013_3_3________________005_r.jpg

開花状況の詳細については伊豆市観光協会修善寺支部HPをご覧ください
こちらをクリック

修善寺温泉らくらく直行バスのご案内

修善寺温泉らくらく直行バスのご案内

修善寺温泉逗留の際にとても便利な
三島駅から修善寺温泉までの直行バスが
ご指定の期日で運行します。

[料金] 片道1,000円

こちらの直行バスは予約制で
ご利用の際は、各旅館へお申し込みくださいませ。

▽チラシ詳細はこちら
http://www.shuzenji.info/pdf/access03.pdf

平成27年 女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞

期 間:平成27年2月14日(土)~3月8日(日)
時 間:9:30~16:30(16:00札止め)
会 場:修禅寺 境内東側書院
入場料:200円
※期間中、旅館女将の点てるお抹茶をお楽しみ下さい(有料)
      (10:30~15:00/一服300円)

20141210-img_0486_r.jpg

明治時代~平成までのお雛様や御殿飾りなど
大変貴重なお雛様を修禅寺本堂東側の
書院に飾り公開いたします。

20141210-img_0478_r.jpg

普段一般公開されていない修禅寺東海第一園も
書院からご覧いただけます。

20141210-____________________x__lnk_r.jpg

境内には梅の花も咲き誇り春の訪れを感じる事でしょう。

20141210-img_4944_r.jpg

修善寺 虹の郷もみじライトアップ

◆会 場:修善寺虹の郷(イギリス村・伊豆の村・日本庭園菖蒲ヶ池周辺匠の村もみじ林の一部のみ開園)
◆期   間:平成26年11月20日(木)~11月30日(日)
◆時   間:16:00~21:00
◆夜間入園料:大人 750円(宿泊割引券利用450円)/小人 350円(宿泊割引券利用250円)
◆夜間駐車料:無料

20141120-shuzenji_aut_160_r.jpg

昼間の虹の郷とは違う幻想的な世界をお楽しみ下さい。

20141120-dc112190_r.jpg
※紅葉の状況によりライトアップの場所に変更の場合もございます。
20141120-img_4608_r.jpg

夜のお散歩を楽しんだ後は、お宿にもどり
冷えた身体を温泉でゆっくり温めてみては・・・。

修禅寺庭園『秋の特別公開』

◆公開期間:平成26年11月20日(木)~12月1日(月)
◆公開時間:午前9時~午後4時
◆料  金:庭園保存協賛金としてお1人様200円

20141115-img_1842__2__r.jpg

通常は非公開の修禅寺の庭園を期間限定で4一般公開されます。
 明治40年に東宮(後の大正天皇)がこの庭園をご覧になり、
「東海第一の庭園」と仰せられたことから、「東海第一園」
と呼ばれるようになりました。

20141119-img_0379_r.jpg

修禅寺本堂右側の小さな木戸からお庭にすすみます。
鯉が泳ぐ池への落ち込みの右側に鶴石、左側には亀石、
流れを渡る石橋の奥には富士山が浮き出た鏡岩など
縁起のいい長寿の象徴がお客様を歓迎・祝福している・・・
そんな意味が込められたお庭なのです。

20141119-img_7930_r.jpg

境内も日一日と紅色に染まっていきます。

20141119-img_0797_r.jpg

足元に目をむけても紅葉を楽しめますね。
20141119-img_0811_r.jpg

秋の深まりとともに色変わりしていく修禅寺をお楽しみ下さい。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 7 | 8 | 9 |...| 11 | 12 | 13 || Next»

ページトップへ