<!--2-->新着情報

修善寺もみじまつり

【もみじまつり】
期 間:平成26年11月15日(土)~12月7日(日)
会 場:修善寺自然公園「もみじ林」(入場無料)
駐車場:普通車300円/マイクロバス600円/大型バス800円

20141114-shuzenjisizenkouen_momiji01_r.jpg

1㌶に約1000本のもみじ群生林の中をのんびり
散策してみては・・・。

20141115-2013momijihayasi_hujisan_r.jpg

お天気が良ければ富士見台まで足をはこぶと
富士山を眺めることもできるのです!

20141114-shuzenjisizenkouenm_momiji02_r.jpg

期間中の紅葉色づき状況は『伊豆市観光協会修善寺支部』HPをクリック!!
http://www.shuzenji-kankou.com/

平成26年『桂谷八十八ケ所めぐり』開催いたします

『桂谷八十八ケ所めぐり』が
例年通り今年も開催いたします。

null

日時:11月7日(金) 1番~35番札所 8時スタート  
   11月8日(土)36番~71番札所 8時スタート
   11月9日(日)72番~88番札所 8時スタート

20141024-dscf0003_r.jpg

昭和5年修禅寺38世丘球学禅師は
四国八十八ケ所霊場の土を持ち帰り、
はるか四国まで行かなくても大師ゆかりの
桂谷の谷で四国巡礼と同じご利益をうける事が
できるよう 八十八の石碑を建立し、
四国霊場の土を参拝石の下に埋めたのです。

20141024-img_0115_r.jpg

白装束に身を包んだお遍路さんがチリンチリンと
鈴の音を響かせて歩く姿は修善寺温泉の
“秋”の風物詩です。

20141024-2012_11_7___________________________042_r.jpg

修善寺温泉の里山に点在する札所を3日間に
かけて巡ります。
舗装した道だけではなく、山道や階段など
歩きます。参加される方は履きなれた靴で
ご参加下さい。

20141024-img_0302_r.jpg

各札所で両手を合わせお経やご詠歌をあげながら
家内安全や無病息災を祈願します。

20141024-2012_10_29_001_r.jpg

7時00分~ 受付開始:修禅寺境内にて
      物品販売:修禅寺境内にて(白装束・杖・手ぬぐい等)
7時45分~ グループ分け(ワッペンが配布されます)
8時00分~ スタート

20141024-2012_10_29_008_r.jpg

問合せ先:伊豆市観光協会修善寺支部
      TEL(0558)72-2501

“修善寺桂流コシヒカリ”新米キャンペーン!!

平成26年9月13日より
“修善寺桂流コシヒカリ”新米キャンペーンが
スタートします。

修善寺温泉を流れる清流 桂川の上流部で豊かに育った
安全で安心な美味しいお米が今年も立派に育ちました。

20140911-20140911094118_00001_r.jpg

この“修善寺桂流コシヒカリ”は地元生産者組合である
グリーンファーム桂谷の徹底した管理指導のもと、
すべての生産者が【特別栽培米】(地域慣行レベルと比較
し比較し節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料
の窒素成分量が50%以下)基準をクリアしています。

20140911-img_0172_r.jpg

品質確保のため、食味検査を実施しており食味スコア―も
有名ブランド米と比べて引けを取らない水準に達しています。
 
20140911-img_0195_r.jpg

修善寺温泉のお宿にお泊りのお客様には
このお米をご賞味していただけます。(一部施設除く)
今年はすべての生産者が有機肥料を使った米作りに取組み
より安心・安全なお米を皆様にご提供いたします。

20140911-______3_r.jpg

秋の味覚と共に美味しいお米をお腹いっぱい召し上がれ!!

東京新聞「ショッパー」読者モデル”小京都・修善寺温泉旅情”レポ

東京新聞「ショッパー」読者モデル”小京都・修善寺温泉旅情”レポ

圏央王(高尾山~相模原愛川IC)が開通したことによって
関越、東名両高速道路が都心を通らずに接続されました。

川越地域から伊豆方面へのアクセスも飛躍的に良くなりました。
今回開通したばかりの圏央道を使って、東京新聞「ショッパー」より
読書モデルの恵美子さんと敬子さんが、小京都ともいわれる風情ある
修善寺温泉を旅したレポが掲載されました。

▼圏央道開通で”ぐ~んと近く”なった伊豆「小京都・修善寺温泉旅情」はこちら
http://www.shuzenji.info/pdf/syopper.pdf

お時間ある時に、是非ご一読くださいませ。

修善寺 頼家祭り

修禅寺に幽閉されていた『鎌倉二代将軍 源頼家公』と
その家臣『十三士』の冥福を祈る祭典です。

◆ 日 時:平成26年7月21日(月・海の日)
     11時~12時
◆ 場 所:修禅寺→十三士の墓(墓前供養)→源頼家の墓(墓前供養)
     桂遊通り→桂橋→修禅寺

20140703-yorimaturi1r.jpg

源頼家は正治元年(1199年)に父 頼朝の亡き後
家督を継ぎ鎌倉二代将軍となったが北条氏の策略
によりわずか5年で軍職を奪われ修禅寺に幽閉されました。
翌年の元久元年(1204年)7月18日に鎌倉からの刺客の為
23歳の若さで一生を終える事となります。

20140703-yoriiematiuri2_r.jpg

『頼家公』とその妻「若狭の局』、息子の『一幡』が頼家公の家臣
『十三士』とともに温泉街で仮装行列と墓前供養を行います。

若狭の局役は頼家公の霊を慰めるべく、比企一族ゆかりの
埼玉県東松山市より特別参加していただきます。

20140703-yoriiematuri3_r.jpg

修禅寺のご住職を先頭に職方のみなさん、護寺会のみなさんなど
たくさんの方が行列に参加します。

20140703-yoriiematuri_4_r.jpg

一般のお客様もご焼香いただけます。
どうぞお手をお合わせください。

20140703-yoriiematuri____r.jpg

昨年は甲冑対に女性剣士も参加していただきました。
20140703-yoriiematuri6_r.jpg
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 || Next»

ページトップへ