公式ブログ

女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞

20180112-111_r.jpg

明治時代から平成までのお雛様や御殿飾りなど
大変貴重なお雛様を修禅寺本堂東側の書院に
飾り公開いたします。

20180112-img_6045_r.jpg

普段一般公開されていない修禅寺東海第一園も
書院の廊下からご覧ください。

20180112-101_r.jpg

昭和30年代にはやった御殿飾りを
懐かしむお客様も大勢いらっしゃいます。

20180112-img_2137_r.jpg

お宿の女将が点てるお抹茶で
至福のひと時をお楽しみ下さい(有料)

20180112-_dsc9305_r.jpg

『女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞』
期 間:H30年2月17日(土)~3月11日(日)
時 間:9時30分から16時30分(入場16時まで)
会 場:修禅寺 (東側書院)
入場料:200円

『抹茶営業』
時 間:10時30分から15時
料 金:300円

20180112-img_4944_r.jpg

鐘つき堂の裏側にあるしだれ梅がこの時期
満開を迎えます。ぜひご覧になって下さい。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

謹賀新年

20171228-011_r.jpg

新年 明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとって幸せな一年となりますように・・・。

20171228-022_r.jpg

修禅寺 除夜の鐘

20171225-008_r.jpg

大晦日の夜は修禅寺で
除夜の鐘をついてみませんか?

20171225-021_r.jpg

修禅寺では参拝客のみなさんも
鐘をつくことができます。

20171225-046_r.jpg

ご自分の手で鐘をつき、108の煩悩や穢れを祓い
清らかな気持ちで新年を迎えてはいかがでしょうか?

20171225-049_r.jpg

お子様でも職方さんがお手伝いしてくれるので
鐘をつくことができますが、夜更かしにりますので
決して無理はなさらずに・・・。

20171225-061_r.jpg

除夜の鐘の音が響きだすと大勢の参拝客が
集まり、厳かにその時をむかえます・・・。

修禅寺奥ノ院『星まつり』

一年の災厄を祓い新年の幸福を祈る
冬至の恒例行事『星まつり』が行われます。

20171205-img_9024_r.jpg

日 時:H29年12月22日(金) 冬至
場 所:修禅寺奥ノ院 護摩堂
     〒410-2416伊豆市修善寺2940-1
     修禅寺より車で約15分
参加費:無料

20171205-013_r.jpg

護摩堂の中央に置かれた護摩壇で
住職のお経と太鼓の音が響く中、
護摩木をくべていく様子は見ているだけでも
不思議なパワーを感じます。

20171205-img_7339_r_r.jpg

当日参加できないお客様でも
護摩木にお願い事を書いていただければ
各お宿で大切に保管し、当日お炊き上げを
いたします。
詳しくはお宿スタッフまでお問い合わせください。

20171205-005_r.jpg

参加者が持ちよった家族の衣類が
僧侶の手でつぎつぎ炎にかざされます。
この衣類を着ると新年も強運で
無病息災だといわれています。

20171205-043_r.jpg

参加は自由です。
皆様のお越しをお待ちしております

修禅寺奥ノ院『星まつり』

一年の災厄を祓い新年の幸福を祈る
冬至の恒例行事『星まつり』が行われます。

20171205-img_9024_r.jpg

日 時:H29年12月22日(金) 冬至
場 所:修禅寺奥ノ院 護摩堂
     〒410-2416伊豆市修善寺2940-1
     修禅寺より車で約15分
参加費:無料

20171205-013_r.jpg

護摩堂の中央に置かれた護摩壇で
住職のお経と太鼓の音が響く中、
護摩木をくべていく様子は見ているだけでも
不思議なパワーを感じます。

20171205-img_7339_r_r.jpg

当日参加できないお客様でも
護摩木にお願い事を書いていただければ
各お宿で大切に保管し、当日お炊き上げを
いたします。
詳しくはお宿スタッフまでお問い合わせください。

20171205-005_r.jpg

参加者が持ちよった家族の衣類が
僧侶の手でつぎつぎ炎にかざされます。
この衣類を着ると新年も強運で
無病息災だといわれています。

20171205-043_r.jpg

参加は自由です。
皆様のお越しをお待ちしております

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 18 | 19 | 20 || Next»

ページトップへ