文学散歩

修善寺温泉 文学散歩

修善寺の山水を愛した文人墨客は多く、その感銘を詩歌や小説に託し、あるいは随筆紀行に綴っています。

それは、まさに明治、大正の文学史をひもとくように圧倒的なものがあります。
このうちの幾つかの詩歌が、石碑に刻まれ、建立されているので、自然散策に加えて文学碑めぐりが楽しめます。

修禅寺物語

岡本綺堂の戯曲で、修善寺を舞台にした最大の傑作と言われている。明治44年1月号「文芸倶楽部」に発表、同年5月に明治座で、二世市川左団次の夜叉王を主役に初演された。修禅寺に残る古面の興感と、金剛右京の能面にまつわる伝説に取材したといわれる新歌舞伎の代表的作品の一つである。

修善寺(地名)に住む面作師夜叉王が、将軍源頼家の命でその面を打つが、どうしたわけか死相が現われ満足なものが打てない。しかし、頼家はその面が気に入って、夜叉王の反対するのも聞かないばかりか、気位高く殿上人に憧れていた姉娘のかつらをも召し抱えて去る。

その夜、頼家は北条方の刺客に襲われ、ついに命を落とす。このとき、かつらは父の作った頼家の面をつけ身替りとなって応戦するが、重傷を負って父のところへたどりつく。夜叉王はかつらの持つ面をとり「幾度打直しても死相の現れたのは、おのれの腕のつたなさではなく、頼家の運命が面に現れたのだ」と悟る。

そして「技芸神に入ることはこのこと、われながらあっぱれ天下一だ」といって、さらに創造の意欲を燃やし、死んで行く娘かつらの顔を、若い女の断末魔の面の手本にと筆を取る。

夏目漱石(なつめそうせき)1876~1916年

明治43年8月6日、漱石は病気療養のため修善寺温泉菊屋旅館に滞在する。修善寺への転地療養に期待したが病状は悪化の一途を辿り、8月24日危篤状態に陥る。これが世にいう修善寺大患であるが、9月も初旬になると少しずつ快方に向い、10月には帰京できるまでに回復する。この修善寺における大患が漱石の心に転機をもたらし、以後の作品に大きな影響を与えたといわれている。

▲修善寺虹の郷内「漱石庵」(旧菊屋旅館別館)

吉田絃二郎(よしだげんじろう)1886~1956年

修善寺から大仁行きの馬車は互いに「さようなら」「御機嫌克う」と挨拶が交わされて鈴を鳴らしながら出発する。吉田絃二郎の作品の中には修善寺を記したものが少なくないが「修善寺行」(小鳥の来る日)もそのひとつである。
旅を愛し、修善寺の山や川に親しみ、大正5年頃から昭和31年に他界するまで毎年長逗留することが多く、この地をこよなく愛した作家である。妻明枝が昭和12年42歳で早逝したとき、修善寺を一望できる塔の峯の山腹に遺骨を埋葬し、修善寺小学校に吉田文庫を寄贈した。絃二郎も70歳でその生涯をとじ、その分骨は長葬の礼をもって鹿山の墓所に妻明枝とともに眠っている。

その他の文学情報

「赤蛙」初版本

昭和19年島木健作は胸部疾患の療養のため修善寺に滞在。桂川上流(現在の赤蛙公園)で取材した傑作の短編「赤蛙」は遺稿とも言われ死期の近かった健作が蛙の生への努力を共感をもって感慨深く眺めている。

川端康成

永遠の名作「伊豆の踊り子」は川端康成の代表作のひとつである。文中、青年が踊り子と始めて出合った橋(湯川橋)が登場してくる。(町道12010号線)

高浜虚子句碑

高浜虚子は子規の写生説をうけ継ぎ、花鳥風月を基本とした句作を提唱し、数多くの作品を残した。「北に冨士南に我家梅の花」の句碑が梅林内にある。

尾崎紅葉碑

尾崎紅葉は「金色夜叉」等が高い評判を受けているが正岡子規と並ぶ俳人でもある。「いかさまに霞むやと岡に渉りけり」の句碑が梅林内にある。

中村吉右衛門碑

歌舞伎俳優であるが虚子と交遊し、「ホトトギス」同人となる。「鶯の鳴くがままなるわらび狩」の句碑が梅林内にある。

ページトップへ