修善寺四季の花特集

春夏秋冬を愉しめる修善寺温泉 四季の花特集

たくさんの自然に恵まれた修善寺温泉の四季のお花の情報をお届けいたします。
美しい修善寺の四季の彩りを是非、肌で感じてみてくださいませ。

修善寺の春(桜・菜の花・しゃくなげ)

春には桜をはじめ、菜の花、しゃくなげが下記の場所でご覧いただけます。修善寺の境内や各所では大きい桜の木の肌がつやつやと光り、道路沿いには桂川の水の音がきこえ、旅人に癒しの時間を与えてくれます。

(桜の見所)
修禅寺/玉洞院/狩野川/修善寺自然公園/嵐山/風の径/日切地蔵尊/独鈷の湯公園/他
(しゃくなげの見所)
修善寺虹の郷

春の花開花状況はこちら

修善寺の夏(菖蒲・あじさい・ひまわり)

6月には虹の郷の中心部、日本庭園に広がるように位置する「花しょうぶ園」の花しょうぶが見頃を迎えます。
この花しょうぶ園には、2ヘクタール敷地に江戸系・伊勢系・肥後系など約300種、7,000株の花しょうぶが植栽されています。

(夏の花の見所)
修善寺虹の郷

修善寺の秋(紅葉・菊・薔薇)

伊豆半島では数少ない紅葉が楽しめるのも修善寺の魅力のひとつ。毎年紅葉シーズンには、多くの観光客で
賑わいをみせております。例年シーズンは11月下旬~12月中旬頃が見頃になります。

(紅葉の見所)
修善寺自然公園もみじ林/修善寺虹の郷/修禅寺境内/竹林の小径

修善寺の冬(梅・水仙)

修善寺虹の郷の周辺に当たる山岳部一帯に位置する修善寺自然公園の中の修善寺梅林、約3ヘクタールの梅林に樹齢100年を越す古木を始め、約20種 3,000本の梅が咲きます。

(冬の花見所)
修善寺虹の郷

ページトップへ