修善寺温泉の歴史

修善寺温泉の歴史について

修善寺温泉は、静岡県伊豆市北部にある伊豆半島で最も歴史がある温泉です。
日本百名湯に選ばれている名湯です。

修善寺温泉の起源から現在までに、多くの人に愛され続けてきた温泉の歴史についてご案内いたします。

修善寺温泉 開湯秘話

修善寺温泉街の中を流れている桂川のほとりで、その昔一人の親孝行の息子が、病に苦しむ父親をいたわり川の水で体を洗っておりました。大同2年(807年)のことでした。ある日、孝行息子が、父の体をいつものように洗っていると、弘法大師が通りかかったのです。まだ川の水は冷たい季節の事でした。懸命に病の父をいたわりながら、病の回復を願い父の介護をする姿に弘法大師は深く胸を打たれました。

「川の水では冷たかろう」と親子に声をかけると、弘法大師は手にしていた独鈷(とっこ仏具のこと)で川の中の岩を打ち霊泉を沸出させました。

弘法大師はその湧き出た温泉に浸かることを親子に勧めました。親子は、弘法大師が教えてくれた通り湧き出た湯に浸かり病の体を癒したのです。数十年も病の苦しみにあった父親は、たちまち元気を取り戻し、病が治ったと伝えられています。

2007年(平成19年)にこの故事から数えて1200年目が過ぎました。伊豆半島では、この弘法大師が開いた独鈷の湯が一番古い温泉として語られています。優しい親子の情愛から、温かい温泉が生まれたのかもしれませんね。

独鈷の湯が湧き出てから、人々が病気平癒の願いこめて温泉療養に沢山の人が訪れました。当初は、独鈷の湯だけでしたが、温泉が増やされ桂川沿いに外湯も稚児の湯、川原湯、筥湯、新湯、滝の湯、石湯、寺の湯杉の湯全部で9つ。また、温泉宿もたち、修善寺は、温泉街としての活気あふれる街になったのです。

現在は、9つに増えた外湯も、筥湯(はこゆ)のみとなりました。また、弘法大師が開いた独鈷の湯は、川の増水などの安全面から移築され現在の場所に移されました。

鎌倉時代から現代まで修善寺温泉の沿革

鎌倉幕府の創世時には権力闘争の舞台でもあり2代将軍源頼家は修禅寺に幽閉され温泉(筥湯)に入浴中に北条氏側の間者により暗殺されたとあります。

叔父である源範頼も、修禅寺の支院の1つである信功院に幽閉され自殺しているなど源氏悲劇の地として縁の史跡が点在しています。

戦国時代には北条早雲が修善寺温泉に湯治と称して伊豆の世情を調べ伊豆国奪取の足がかりを得ています。

江戸時代中期頃から修善寺温泉の開発が進んだと見られ独鈷の湯、石湯、箱湯、稚児の湯などを外湯として周囲に宿泊施設が整備され,江戸時代後期に製作された諸国温泉功能鑑(温泉番付)には「豆州朱善寺湯」として東之方前頭に格付けされていました。
明治時代に入り交通網が整備されると多くの文人墨客が利用し作品の舞台になったことから一躍脚光を浴びることになり湯治客が益々増えるようになりました。

修善寺温泉は日本経済新聞にて連載されていた日本百名湯に選定され、温泉療法医がすすめる温泉として名湯百選にも選定されています。

吉田絃二郎(よしだげんじろう)1886~1956年

弘法大師と修善寺の関わりは深く、修善寺温泉の名の由来にもなった修禅寺は弘法大師が開いたお寺です。
建てられた当初は、桂谷という地名から桂谷山寺と呼ばれていました。伊豆国禅院一千束と正史に記されその寺の格式の高さが伺われます。修善寺の地名で呼ばれるようになったのは、鎌倉時代からのこと。そのころは寺の土地だったこともあり地名が修善寺と呼ばれるようになりました。

毎年、4月21日は弘法大師が独鈷の湯を湧き出した日ということから、「湯汲み式」が行われています。
湯桶に独鈷の湯を汲み露払いや稚児を従えて娘たちが修禅寺本堂まで湯を運び、弘法大師に感謝を込めて献上するのです。昔ながらの行事を楽しむことができます。

ページトップへ